2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夕焼け小焼けの赤とんぼ・・・・♪

童謡の『赤とんぼ』は夕焼け空の風景を思いながら、自然の優しさを感じる素敵な歌だと思う。
2番の歌詞については子どもの頃は知らなかったが、人生の辛さも表している。

童謡は4拍子または2拍子が多い中、この曲は珍しく3拍子。

ある幼稚園で、4歳、5歳児に対して指導を行っていた時、三角を描きながら『赤とんぼ』を歌ってみようとしたのですが、この曲を知らない子がたくさんいたのには驚きました。

じゃあ、先生が歌ってみるからね、とアカペラで歌い出したら、それまで集中力の無かった子どもまでが、じーっと聴き出したのにまたびっくり。

やんちゃで先生をいつも困らせる男の子のRちゃんが、見事なボーイソプラノで歌い出したのには、今度は園長先生がびっくり。
(後日その話を聞いたお母さんが感激して喜んでいたそうです。)

ピアノで綺麗にアレンジして弾いてあげたら、ピアノの周りで子ども達が喜んで聴いてくれました。


本当のところ、『赤とんぼ』だけでではなく、昔の童謡には優れた作品が多い。
その時アカペラで歌ったと言う事が子ども達を『ハッ?』とさせたのかもしれない。


テレビから流れてくる音楽は、あくまでも機械が発する音だけど、人の肉声は本当に子どもの心を癒すものであると思う。


今の子どもはゆったりとお母さんの歌声を聴きながら、幸せな気分に浸るという体験は少なくなっているのかな、と少し心配に思いました。

私が大学院で師事した教授は、三角が描けない子どもたちという主旨の論文を発表していますが、現代っ子の多くは生活リズムの乱れから、体の様々な部分に不調をきたし、昼間あくびをしたり、キレたり、いわゆる保育者の気になる子どもである事が多く、その子どもたちは、ほとんど三角形が描けず、変形した丸になってしまうのだそうです。


うーん、そういう子どもは赤とんぼを何拍子に感じて歌うのだろうか????(CP)


スポンサーサイト


【御意・・・】
今は録音技術も再生技術も素晴らしくなっていて、CDやDVDで手軽に一流の演奏を再生することは可能だけど、やっぱり目の前で誰かが本当に歌っている、演奏している、その場を、その空気の振動を、共有して共感できることってありますよね。私もお金には限りがあるのでいつも一流の生演奏を聴きにはいけないのでどうしてもCDやDVDをコレクションしてしまうけれど、身近に生演奏が気軽に聴ける場がもっとあるといいなあと思います。特に子どもって、オーディオプレイヤーから流れるベルリンフィルの演奏よりも、目の前で弾いてくれる音楽の先生のピアノの方に感動したりするものですよね。。。
【童謡】
「童謡」ってとっても懐かしくホッとしますね。残念ながら最近では学校の音楽の授業で童謡を歌ったりする時間って少ない昔よりみたいです。
先日老人ホームで「童謡」を数曲演奏させて頂きましたが、お年寄りのみなさんも一緒に歌って下さるんですね。やはり懐かしいんですね、みなさん。
演奏している私も胸がいっぱいになり、目がウルウルしてきました。
この記事へコメントする















123コンサート

第23回123コンサート



出張コンサート

•2015年3月20日 江東区 亀高保育園
•2015年5月23日 港区子育て施設 あい・ぽーと
◎保育園、幼稚園、児童館、高齢者施設、病院、各種施設等への出張コンサート承ります。お気軽にメールでご相談ください。

シュピーレンの会

  • Author:シュピーレンの会
  • シュピーレンの会は、大田区を中心に活動する音楽団体です。

    ♪赤ちゃんから高齢者まで、誰でも楽しんでいただけるよう、絵本の読み聞かせと生演奏を組み合わせた「音楽絵本」、リトミック、聴衆との対話形式など工夫を凝らした演奏活動をしています。出張演奏のご依頼も対応しています。 お問い合わせはこちら

    FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。