2018 / 02
≪ 2018 / 01 - - - - 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 - - - 2018 / 03 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オーチャードホールでWEST SIDE STORY を観てきた。

すばらしかった!!

ビデオは何度も見たし、CDもバーンスタイン自作自演版を擦り切れるほど聴いたけど、生のステージは初めて。

正直、バーンスタイン自作自演の超豪華メンバのCD(キリ・テ・カナワのマリア、ホセ・カレーラスのトニー、選抜オケ)を擦り切れるほど聴いてたので、それに比べれば、生のステージだとダンスとルックス重視で選ばれたキャストだろうし、あの激しいダンスを踊りながら歌わないといけないし、音楽はあまり期待してなかった。

・・・やられた!

特にメインの3人(トニー、マリア、アニタ)は本当に凄かった。

マリアは繊細で可憐なルックスたが、声はとてもよく通っていた。高音域はキャスリーン・バトルを思わせるリリック・ソプラノ。

トニーは結構マッチョな感じの人で、声量も豊か。マリアに出会った後で歌う"Maria"、最後の方にhighBで"Maaaaaaaaaaaria!"と絶唱するところ、カレーラス並みの表現力で、鳥肌物。

アニタも蓮っ葉だけどイキな姉御、って感じにぴったりのはまり役。ダンスも最高。

一幕の後半で、Jets、Sharks、Tony、Maria、Anita がそれぞれ自分たちの今夜を歌う"Tonight"の五重唱の何とパワフルでエキサイティングなこと。

アニタが、ベルナルドを誤って殺してしまったトニーと逢っていたマリアを責めて歌う"a boy like that"、マリアの"I Have a Love"につながって、アニタがマリアの気持ちを理解して歌う二重唱では涙が出そうになった。

これだけハードなダンスをこなし、しかも一流オペラ歌手並みの歌唱力が要求される歌を歌って、ルックスもスタイルもいいのだから、天は二物も三物も与えるのだ。

オケも小編成を感じさせない熱演だった。

でも、でも、やっぱりなんといっても、一番凄いのはバーンスタイン!
導入部から終わりまで、どの瞬間をとっても、最高の音楽。何度聴いても衝撃的。50年前の音楽とは思えないほど、今聴いても新しい。ウエストサイド、最高!!

#しかーし、7時開演で終演は9時半。子供連れで、終演後の夜中の渋谷の人ごみはつらかった・・・。(MF)


スポンサーサイト


この記事へコメントする















久しぶりに魔笛の舞台を見に行くので、ストーリーを思い出すためにこのソフトを引っ張り出してきて見ました。おとぎ話的な要素をメインにしたオーソドックスな舞台作りは、何度見ても飽きがきませんし、未だに素晴らしい歌手陣に再度驚いてしまいます。高音に至るまで声が自 ...

123コンサート

第23回123コンサート



出張コンサート

•2015年3月20日 江東区 亀高保育園
•2015年5月23日 港区子育て施設 あい・ぽーと
◎保育園、幼稚園、児童館、高齢者施設、病院、各種施設等への出張コンサート承ります。お気軽にメールでご相談ください。

シュピーレンの会

  • Author:シュピーレンの会
  • シュピーレンの会は、大田区を中心に活動する音楽団体です。

    ♪赤ちゃんから高齢者まで、誰でも楽しんでいただけるよう、絵本の読み聞かせと生演奏を組み合わせた「音楽絵本」、リトミック、聴衆との対話形式など工夫を凝らした演奏活動をしています。出張演奏のご依頼も対応しています。 お問い合わせはこちら

    FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。