2011 / 03
≪ 2011 / 02 - - 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 - - 2011 / 04 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このたびの東日本大震災で亡くなられた人は、信じられないほどの数になっています。
今こうしている時でも、避難所で不自由な生活を送っている人がいて、
いてもたってもいられなくなります。

被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。


数年前、シュピーレンの会に岩手県の子育てサークルから依頼演奏の相談を頂いたことがありました。
かなり遠いところなのですが、予算も確保していただいていたし、海の民宿があるというので、
泊まりがけで行く気満々でした。
でも、何回かメールをやりとりした後、お互いの日程調整がうまくいかず、
見送ることになってしまったのですが、
今回の地震で、まさか、と思い、メールの履歴を見たら、なんと岩手県大船渡市三陸町!!!

胸が苦しくなってしまいました。

もしかしたら、あの時に会えるはずだった子どもたちとお母さんお父さん、無事でしょうか?
すぐにでも、現地に行ってコンサートをして楽しませてあげたい。

でも、そんな時ではないですね、今は・・・。

いつかきっと、落ち着いてきたら、小さな子どもたちと親御さんのために、
123コンサートをしてあげたいと思っています。

そんな願い、叶うでしょうか。(CP)

スポンサーサイト

先日、第17回123コンサートが無事に終了しました。

無事に、とは言っても、またまた大勢の方々が入場できずにお帰りいただく事となり、
大変申し訳なく思っております。

せっかく遠くから電車に乗ってやってきたのに、とか、待っていてもだめですか?、とか、
本番直前に、受付に様子を見に行った私の耳にたくさんの声が入ってきました。

「通路に座って頂くとか、だめかしら?」と副会長に耳打ちする私に、彼女が一言。
「定員以上入れたら、次回からこのホールを使えなくなります。だめです。」

あー、本当に申し訳ない。
小さい子どもを連れて、会場に足を運ぶだけでも大変なのに・・・・。
泣きたい気持ちを切り替えて、本番に臨みました。

本番では、会場の子どもたちも親御さんたちもリラックスして楽しんでくださっているようでした。

私たちが特に大事にしているのは、演奏者からの働きかけ、言葉かけ、そして生音の美しさや気持ちが届くように、ということです。

今回出演したマリンバも、私たちが聴いていても、本当に癒される素敵な響きでした。
それに加えて、楽しいメロディーに心も身体も踊る経験は、子どもたちの豊かな成長にきっとプラスになっているはず!

そんなに大きくないホールでやる意味は、そこにあります。
大きすぎるホールは、演奏者が遠くて、子どもにとって落ち着かない空間となりがちです。
演奏者をぐっと身近に感じて聴く方が、子どもの集中力もアップします。

今回初出場のマリンバグループのパーカッション担当のお兄さん、とてもいいキャラを発揮して、
子どもたちのアイドルとなっていました。


今回、会場に足を運んでくださった皆さま、有難うございました。
入れなかった皆さま、次回は何とか聴いていただけるようにこちらも知恵を絞りますので、
どうぞ懲りずにまた、いらしてくださいませ。。。(CP)



123コンサート

第23回123コンサート



出張コンサート

•2015年3月20日 江東区 亀高保育園
•2015年5月23日 港区子育て施設 あい・ぽーと
◎保育園、幼稚園、児童館、高齢者施設、病院、各種施設等への出張コンサート承ります。お気軽にメールでご相談ください。

シュピーレンの会

  • Author:シュピーレンの会
  • シュピーレンの会は、大田区を中心に活動する音楽団体です。

    ♪赤ちゃんから高齢者まで、誰でも楽しんでいただけるよう、絵本の読み聞かせと生演奏を組み合わせた「音楽絵本」、リトミック、聴衆との対話形式など工夫を凝らした演奏活動をしています。出張演奏のご依頼も対応しています。 お問い合わせはこちら

    FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。