2008 / 08
≪ 2008 / 07 - - - - - 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 - - - - - - 2008 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先週の土曜日に、群馬県の藤岡市で123コンサートをさせて頂きました。

小雨が降る悪天候の中、どれくらいの方々が聴きに来てくれるのだろうと思っていたら、
結構たくさんの親子が来てくれて、300人ほどの入場者だったと主催者から伺いました。

プログラムはクラシックの名曲が中心でしたが、楽器紹介の時はヴァイオリンのMさんがトトロを弾き、
チェロのYさんがゲゲゲの鬼太郎をやり、リトミックの時はミッキーマウスマーチや小さな世界をやりました。

でも後で聞かれる感想には必ず、『子ども向けのものが少なかった』というものがあります。

ん~?

クラシック音楽の良さを知ってもらう事も、ねらいのひとつ。
音楽絵本にも、クラシックの名曲を切り貼りしています。

『聴く』と言う事は、乳幼児にはまだ体験のひとつに過ぎないので、
にぎやかな『何とかショー』とは違って、このような体験もいつか実を結ぶものです。

でもほとんどの方が、子ども連れで聴けるクラシックコンサートはなかなか無いので、良かった、音楽絵本は素晴しかった、とアンケートに書いてくださり、嬉しく思いました。
やはり関心は高いのですね。。

私達を呼んでくださった子育てサークルの方々、舞台のセッティングや流れを一生懸命に手伝ってくださったみかぼみらい館のスタッフの皆様、本当に有り難うございました!

近日中に写真をアップします。

(CP)




スポンサーサイト

リトミックの研修合宿に行ってきました。

国立音楽大学の、現在は副学長をなさっておられる神原先生の授業もあり、
音楽教育の捉え方が素晴しい!

音楽は単にリズム・ハーモニー・メロディというだけではなく、
音楽の四つの力、すなわち情動性、芸術性、文化性、人間性という点から捉えた話をされて、
さらに、音楽が持っている様々な価値に触れるチャンスを与えるのがリトミックである、
ということでした。

幼児期にリトミックを通じて音楽を学ぶことは、
音楽の様々な価値の中から、重要なものを身体を通じて学び取り、
人として充実した幸せな生涯を送れるように、という、全人教育に通じるという事です。

心が揺さぶられるような感動をしたり、他の文化意識や価値観を認めたりすることで、
感性が柔らかくなり、人とのコミュニケーション力が増し、
調和を身につける事が出来るようになるのです。

前にもダルクローズの論文集を読んで、とても感動したけれど、
これを実践に役立てていく為に、もっともっと努力しよう、と思いました。(CP)

123コンサート

第23回123コンサート



出張コンサート

•2015年3月20日 江東区 亀高保育園
•2015年5月23日 港区子育て施設 あい・ぽーと
◎保育園、幼稚園、児童館、高齢者施設、病院、各種施設等への出張コンサート承ります。お気軽にメールでご相談ください。

シュピーレンの会

  • Author:シュピーレンの会
  • シュピーレンの会は、大田区を中心に活動する音楽団体です。

    ♪赤ちゃんから高齢者まで、誰でも楽しんでいただけるよう、絵本の読み聞かせと生演奏を組み合わせた「音楽絵本」、リトミック、聴衆との対話形式など工夫を凝らした演奏活動をしています。出張演奏のご依頼も対応しています。 お問い合わせはこちら

    FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。