2008 / 01
≪ 2007 / 12 - - 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 - - 2008 / 02 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2/16のコンサートのチラシです。副会長の力作です!入場無料ですから、皆様お誘い合わせの上お越しくださいませ。(MF)
14th


スポンサーサイト

BHNという活動の存在を初めて知りました。QOLとは、また違う概念なのでしょうか?
私は自分の論文の中でウエルビーイングと言う言葉を用いて、生活の中の音楽の必要性を訴えています。

論文では今の日本の少子化対策に触れて、保育サービスや経済支援のみならず、「親たちのウエルビーイング(人権の尊重、自己実現)を通して子どもの生活を保障する」という視点や「親子で過ごす時間の充実により心の安定を図る」といった視点はどのように生かされているのかを考えています。

つまり子育て中であっても、生演奏を楽しみたい、子どもにも楽しませたい、という親のニーズに行政も目を向け、フレキシブルに対応してはどうだろうか、と言う事です。
音楽を生活の中で楽しむ事で心の豊かさが保たれ、子育てにも余裕が生まれるということもあるでしょう。

また、社会文化アニマシオンという考えがあります。

『社会文化アニマシオン(仏=animation sociocultural西=animacion sociocultural 伊=animazione socioculturale)』という用語は1950年代以降経済の高度成長に伴い、人間的生活を歪める危機的状況が生じたことに対して、人間本来の主体性と創造的な内的活力を活性化させる方法理念としてフランスに登場し、1970年には「社会・教育・スポーツ・文化の活性化にあたる専門職員」をアニマトゥールとして位置づけ、国家資格と養成制度に力を注いだ。

つまり、親と子が、共に楽しみながら生活すること、魂(精神)をワクワクさせながら自由に想像し創造していくアニマシオン活動、文化・芸術活動の分野が大切であるという事です。

昨今の社会的事件の背景には、このような対策も必要なのではないでしょうか?(CP)





2月にBHNのチャリティコンサートに出演することになりました。・・・・ところでBHNって何?

『BHNとは、Basic Human Needs(ベーシック・ヒューマン・ニーズ)の略で、生活基盤を構成する要素を表します。私たちは衣食住、初等教育、医療衛生の他に、情報通信もBHNの重要な構成要素と考えます。
私たちの団体は、電気通信網の整備に長い間関わってきた者が、その技術を活かし世界中で今もっともBHNの向上を必要としている人々を支援しています。』(BHNのページより)

この前TVで、ケニアのマサイ族がケータイを使っているのを見て驚いたけれど、情報通信もBHNな時代なんですね。

音楽はBHNでしょうか?
音楽が無くても、生活には支障ないから、BHNではないのでしょうか?

『電気通信の世界でも格差--「デジタルデバイド」 が歴然と存在しているのです。』(BHNのページ)

音楽がBHNかどうかはともかく、音楽の世界にも、格差「ミュージカルデバイド」が存在しているような気がします。

昨年末に伺ったような高齢者施設には、外でのコンサートに出かけるのは難しいであろうと思われる方々もたくさんいらっしゃいました。乳幼児(を連れた大人)もそうですね。

シュピーレンの活動が、そういう方々に、少しでも喜んでいただける活動になっているといいなと思いました。(^^)
(MF)



今日は、平成20年の元旦です。
明けましておめでとうございます。

私は朝お雑煮とおせちを食べ、元旦にも拘らず仕事があり、舞浜の現場へと向かいました。
舞浜といえば家族連れやカップルで賑わうディズニーランド。
平和な日本の象徴を見る事が出来ます。

ここでは、子どもも大人も目を輝かせて楽しんでいる様子の人がたくさん。

ウォルト・ディズニーはファンタジーの世界を子どもたちの心に優しく運んだ人。
映像と音楽を効果的に使用したのも、彼が最初ではないでしょうか。
彼の映画で使用されたテーマ曲は、世界中の人に長く愛され続けています。
『ホール・ニュー・ワールド』や『美女と野獣』『ララルー』『星に願いを』などなど、
曲を聴くと画像が目に浮かびますね。

私がやっている音楽絵本も、似たようなところがあります。

クラシックの曲を使用するのも、絵の記憶と共にメロディーが心に残って欲しいからです。
子どもにとってはオリジナル曲や効果音的なものより、『聴いた事のある曲』のほうが、
心に残りやすいのです。
演奏する私も気持ちが入りやすい。

今度取り組む音楽絵本で使用する曲はパッヘルベルの『カノン』などです。

絵本は『こんなところにいたの』
前回やらせていただいた『うみのきらきら やまのきらきら』の作者、
花之内雅吉先生の作品です。

みなさん、お楽しみに! 

今年も頑張ります、どうぞ宜しくお願い申し上げます。(CP)









123コンサート

第23回123コンサート



出張コンサート

•2015年3月20日 江東区 亀高保育園
•2015年5月23日 港区子育て施設 あい・ぽーと
◎保育園、幼稚園、児童館、高齢者施設、病院、各種施設等への出張コンサート承ります。お気軽にメールでご相談ください。

シュピーレンの会

  • Author:シュピーレンの会
  • シュピーレンの会は、大田区を中心に活動する音楽団体です。

    ♪赤ちゃんから高齢者まで、誰でも楽しんでいただけるよう、絵本の読み聞かせと生演奏を組み合わせた「音楽絵本」、リトミック、聴衆との対話形式など工夫を凝らした演奏活動をしています。出張演奏のご依頼も対応しています。 お問い合わせはこちら

    FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。