2007 / 12
≪ 2007 / 11 - - - - - - 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 - - - - - 2008 / 01 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ついに2007年大晦日となってしまいました。ために溜めていたホームページを年内に更新する、というタスクを、まさに最後の最後でクリア。コンサートの様子を写真つきでホームページにアップしましたのでご覧ください。今年は結構あちこちで演奏させていただきました。お世話になった皆様、有難うございました。来年は2月に123コンサートです。会長が新作の音楽絵本を鋭意構成中です。ご期待ください!(MF)

スポンサーサイト

師走に限らず、いつも走っている私です。
ブログの更新も、息切れ状態でした。すみません。

12月は、三つのクリスマスコンサートがありました。

まず始めは、勤務する児童館でのコンサート。
音楽絵本『よるくま クリスマスのまえのよる』(酒井駒子作・白泉社)を中心に、
職員とのアンサンブル演奏や、指導させて頂いているシルバーコーラスの方々の合唱、
そして子どもたちのハンドベルやピアノなどの演奏がありました。

子ども達は、ハンドベルで『よろこびのうた』と自作の『氷の音』を演奏。
自分達が見つけたメロディーで曲を作ったので、とても嬉しそうに、
そして自慢げに発表していました。
(私が採譜して曲に仕上げたのですが・・・。リーダーのK君、カッコ好かったよ!)

そして子育てひろば”あい・ぽーと”でのクリスマスコンサート。
ハーピストの高木真理子さんと、女優で声優の幸田直子さんと共に、
ここでも音楽絵本『よるくま クリスマスのまえのよる』を披露しました。

今回の音楽絵本で使用した曲に、チャイコフスキーの『花のワルツ』があるので、
まさにハープが奏でてくれてこそ、本物の音楽絵本。
しかも、プロの声優さんによる読み聞かせの迫力感!臨場感!
その日会場に来て下さった親子約200人は、
極上の音楽絵本を体験する事が出来たのでは、と思います。

そして最後に、高齢者施設でのコンサート。
シュピーレンの会の有能なフルーティストと共に、
クラシックやジャズアレンジの曲を演奏させていただきました。

このような機会にいつも心がけている事は、
聴いて下さっている方達の心に届くような演奏と語りをする事。
演奏後にじんわりと心の中に音楽が残って、
その状態をを楽しんで過ごす事が出来るように、と考えています。

児童館のコンサートの時に、ご主人の体調が悪くてしばらくお休みをされていた方が
聴きにきてくださり、
『先生、すごく良かった。よるくまでは、感動して涙が出てしまいました。』
と言って下さり、私も胸が熱くなってしまいました。
音楽が心の架け橋になっている事、音楽で幸福を感じる事、
それを実感する事が出来ました。感謝。


とまあ、今年もあっという間に1年の終わりが近付いています。
音楽が生活の中に自然に息づいている幸せを、
皆さんと共有できたら、いいなあと考えながら、
また来年も走ります。(CP)









123コンサート

第23回123コンサート



出張コンサート

•2015年3月20日 江東区 亀高保育園
•2015年5月23日 港区子育て施設 あい・ぽーと
◎保育園、幼稚園、児童館、高齢者施設、病院、各種施設等への出張コンサート承ります。お気軽にメールでご相談ください。

シュピーレンの会

  • Author:シュピーレンの会
  • シュピーレンの会は、大田区を中心に活動する音楽団体です。

    ♪赤ちゃんから高齢者まで、誰でも楽しんでいただけるよう、絵本の読み聞かせと生演奏を組み合わせた「音楽絵本」、リトミック、聴衆との対話形式など工夫を凝らした演奏活動をしています。出張演奏のご依頼も対応しています。 お問い合わせはこちら

    FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。