2007 / 06
≪ 2007 / 05 - - - - - 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 2007 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日の浦安子育て支援施設でのコンサートの様子をホームページにアップしました。浦安は町並みがとてもおしゃれで、伺った施設も新しくて日当たりが良く開放感のある素敵な場所でした。・・・楽器直りました!(^^;)今週末はオケ本番@東京文化です!仕事もハードな日々ですが、頑張ります!(MF)

スポンサーサイト

浦安の子育て支援センターでの出張コンサート((アウトリーチ)が終わりました。

 近頃日本でもよく行われるようになった『アウトリーチ活動』は、芸術家が社会の様々な場所へへ出かけて行き芸術普及活動を行うもので、アメリカやイギリスなどではすでに『パートナーシップ・プログラム』とも呼ばれて、一般的に行われています。

 音楽に限らず、絵画や造形、演劇など、専門家がコミュニケーションをとりながら行うこのプログラムは、受け手だけではなく、提供側も成長する事が出来るなど、お互いのメリットが期待されています。

 最近学校教育でも盛んに行われているキャリア教育も同じようなもので、専門家が学校教育のプログラムに関わる事で、生きた体験学習が効果的に行われています。

 今回伺った子育て支援センターには、乳幼児を連れた親子だけでなく、併設の保育園から3歳児が20名ほど参加してくれましたが、土地柄なのでしょうか、お行儀の良い子ばかりで、演奏中も良く聴き、リトミックタイムでは音楽に合わせて楽しげに動いてくれました。歌のときも生き生きと元気に歌い、音楽絵本のときも、静かに鑑賞していました。

 この体験がどう花開いてくれるのか、楽しみですが、演奏させて頂く私達にとっても、貴重な良い体験です。

 演奏するという事は、自分がどう弾けるか、ではなく、どのように人に届けたいのか、を見つめなおす良い機会になります。

 今回は、フルタイムで働くフルーティストが時間を削って演奏してくれましたが、思わぬ楽器の故障でだいぶ苦労したようです。お疲れ様でした。

 おまけに施設のアップライトピアノの真ん中辺りの鍵盤がいくつか”ダブルハンマー”になっている状態で、私もいかにきれいに響かせるかで、いつもと違った苦労をしました!

 いつも音楽絵本『つきよのくじら』をやった後は、『カヴァレリア・ルスティカーナ 間奏曲』が頭の中をグルグルしています。

 子ども達の頭の中には何が響いているのかな・・・?(CP)


 

 




終了。。。。。
自分の演奏の出来は良くなかった。というか最悪。楽器は鳴らないし、ブレスは持たないし、、、
音を外したりとか落っこちたわけではないので、普通のアマオケなら及第点かもしれないけど、このアンサンブルは、他の人たちが皆さん上手な方ばかりなので、大変足をひっぱってしまいました。

言い訳をさせてもらうなら、なにせ時間がなくて、朝から、ろくに食事してなかった上に、予想外の(!)超満員で、前中の間ずっと立って待っていたので、腹ペコでくらくらして、おなかに力が入らず(悲)休憩中はチェンバロの調律をしてたので楽器を温めることができず(泣)しかも席に着いたら冷房が直撃、楽器も体も凍り付いてしまいました。さらに、突然チェンバロの譜めくりをすることになり(これが譜めくりデビュー!超緊張した)そんでもって3曲tacetの後、いきなり特大のソロ!(涙。。。)

演奏後、一応ソロだったので、優しい指揮者は私を立たせてくださいましたが、他の皆さんの素晴らしい演奏についていけてなかったです。次回は精進したいと思います。とりあえず、あさっての子育て支援施設コンサート、頑張ります!(MF)



親子リトミックのクラスを受け持っていますが、いまやリトミック教室はどこでも人気で、私が勤める所では2歳、3歳児クラスに加えて、この春から1歳児クラスが要望に答えて開講しました。

子育て支援施設でも0,1,2歳児に接していますが、この年齢の子ども達の音楽能力の高さは、ピカイチだと感じています。

『聴く』と言う事に関してとても敏感で、私がピアノ(と言っても電子ピアノですが)を弾くと、一斉につぶらな瞳がこっちを向きます。

『これから始まるリトミックのクラスですよ~♪』という優しいメロディーに合わせて、ママのお膝にすわり、体を揺すります。
簡単なメロディーはすぐに覚えてしまって、『あ、あの曲だ』という表情を見せます。

リトミックは音楽能力の発達だけでなく、想像力・創造力の発達や集中力、表現力などの発達を促し、心身のバランスや社会性の発達にまで影響を与えるものです。

 お勉強的な能書きはさておき、親子リトミックでは、親子コミュニケーションを促し、子どもとやり取りを楽しみ、子どもの成長を歓び、子育てに音楽がある事でホッとするようなひとときを過ごす事が大切ですね。
 でも、確かに『臨界期』という考え方があるように、この時期のリトミックは、色々な意味で、非常に効果的なのかもしれないと思います。(CP)







123コンサート

第23回123コンサート



出張コンサート

•2015年3月20日 江東区 亀高保育園
•2015年5月23日 港区子育て施設 あい・ぽーと
◎保育園、幼稚園、児童館、高齢者施設、病院、各種施設等への出張コンサート承ります。お気軽にメールでご相談ください。

シュピーレンの会

  • Author:シュピーレンの会
  • シュピーレンの会は、大田区を中心に活動する音楽団体です。

    ♪赤ちゃんから高齢者まで、誰でも楽しんでいただけるよう、絵本の読み聞かせと生演奏を組み合わせた「音楽絵本」、リトミック、聴衆との対話形式など工夫を凝らした演奏活動をしています。出張演奏のご依頼も対応しています。 お問い合わせはこちら

    FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。