2006 / 11
≪ 2006 / 10 - - - 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 - - 2006 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しばらく多忙な日々が続いた為、ブログの更新がストップしていました。時間の経つのが早いこと・・・。

今年は秋になっても暖かい日が多いですね。・・・でも穏やかな日ばかりではありません。
竜巻の被害が出たり、社会問題として子どものいじめ問題や自殺が相次ぎ、毎日心を痛める出来事が起こっています。

高校の履修不足問題にしても、受験体制の歪みが招いた結果ではないでしょうか。
本来教育は、学習の感動を感じさせるような教育が大事で、”生きた学習”であるべきです。
でも受験勉強においては、”感動”より”テクニック”や”練習”が目標になっている事が多いので、本来の”学習における感動”を感じている暇がありません。

でもまあ、長い人生のなかで、そんな時期もあってもいいのかもしれませんが、あまりそれがすぎると、手段を選ばず、効率的にやればいいとばかりに、大切なものを育む努力を忘れがちになるのかもしれません。

昨今の音楽や美術の授業時間の削減は、効率よく学習しているようで、実は子ども達の大事な部分の育成を怠っているのかもしれません。
そんなことの積み重ねが、心の荒廃に繋がっているのでは、と考えても不思議はないかもしれません。

今日は保育園でコンサートをさせて頂きました。
温かく迎えてくださった園長先生や職員、保護者の方々、そして可愛らしい子ども達。

ヴァイオリンを目の前で見るのは初めてという子ども達が、どの子も一生懸命に演奏を「見て」「聴いて」くれました。

そして音楽絵本『つきよのくじら』も、M先生が、子ども達のために朗読をお手伝いして下さいました。
絵本の朗読は、なるべく施設の方(先生や保護者)に協力していただくことをお願いしています。それは、子ども達にとって、馴染みのある人が読んでくれているという安心感があると思うからです。(声もいつも聞いている声ですから。)

今日の子ども達はお行儀も良く、素直な子ばかりでした。ご両親や先生方が心を配って育てていらっしゃるのが良くわかりました。
どうか、このまま真っ直ぐ、心豊かに育ってくれるように、と願わずにいられません。

嫌な事ばかり続いていますが、この子達のためにも大人たちは努力して豊かな未来を作っていかなければいけないと思います。
その為にも、シュピーレンの会として、地道な活動、努力はしていきたいと思っています。(CP)














スポンサーサイト

123コンサート

第23回123コンサート



出張コンサート

•2015年3月20日 江東区 亀高保育園
•2015年5月23日 港区子育て施設 あい・ぽーと
◎保育園、幼稚園、児童館、高齢者施設、病院、各種施設等への出張コンサート承ります。お気軽にメールでご相談ください。

シュピーレンの会

  • Author:シュピーレンの会
  • シュピーレンの会は、大田区を中心に活動する音楽団体です。

    ♪赤ちゃんから高齢者まで、誰でも楽しんでいただけるよう、絵本の読み聞かせと生演奏を組み合わせた「音楽絵本」、リトミック、聴衆との対話形式など工夫を凝らした演奏活動をしています。出張演奏のご依頼も対応しています。 お問い合わせはこちら

    FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。